インフレ、デフレインフレ、デフレ

インフレをあらわす経済指標は、金利の動向に深くかかわってきます。

インフレは、インフレーションの略で一般的には、物の値段があがっていく状態をいいます。

物の値段が上がるということは、相対的に通貨価値が下がるということを意味します。

例えば、1個100円のリンゴが1個200円に上昇したら、200円で2個買えたリンゴが、1個しか買えない。

つまり、通貨価値が下がったことになります。

逆に、物の値段が下がっていく状態をデフレといいます。

インフレ率の上昇は、金利を上昇させ、ひいてはその国の通貨高を導きます。

また、GDP成長率が高くても、それ以上のインフレ率であれば、国民生活は苦しくなります。

過度のインフレは良くないので、中央銀行が政策金利で調整することになります。

為替相場は、金利と関係が深いため、その金利に関する指標は見逃すことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*