生産

生産に関する指標は、経済活動そのものを浮キ大事なものです。

その中で最も重要視されるのがGDP(国内総生産)です。

GDPは、一定期間内に国内で生産された財貨、サービスの価値額の合計で、国民総生産から海外での純所得を差し引いて求められます。

GDPの告ャ要素は、個人消費、設備投資、政府支出、輸出入の4つが大きな上宇土を占めています。

一般的に「経済成長」とは、どの程度GDPが伸びたかというGDP経済成長率の事を指します。

景気が良いかどうかの判断にも使われ、GDP経済成長がプラスになれば景気が良くなり、その国の通貨は強くなり、マイナスになれば、景気は悪くなって、通貨は弱くなります。

まったく余談ですが、 似たような言葉で「経済効果」というものがあります。

「阪神が何年ぶりに優勝したとしたら」、とか、「AKB48の総選挙」だったりしますが、あることをした場合の、それが経済に与える影響をいい。

一般的には「卵ェ」されるもので、実際にそれがどの程度だったかを測定することはごく稀です。

どれだけお金が動くかの指標であって、それだけの富が生まれるわけではないのでご注意を。

念のため。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*